イヌの生活。

イヌの生活。

こんにちは!!

ようやく秋になり、柿と梨ばかり食べている、院長の小泉です。

この時期のフルーツは、美味しいですね。

 

よく人に「イヌ派ですか?ネコ派ですか?」と聞かれることがあります。

私は、断然イヌ派です!!!

というのも、小さい頃からずーっとイヌと暮らしてきました。逆にネコを飼ったことがないのです。なので、イヌ派。

 

初めてイヌが来たのは、私が小学校上がる前だったかな?父がどこからか連れてきた小さなチワワでした。名前は、そのまま「チー」。

 ← こんな感じでした。(Wikipediaより)

スムースの毛で、茶色と白でした。目が大きくクリクリで、いつも部屋の中を走り回っていたのを覚えています。

13歳くらいで他界してしまったのですが、晩年は大変でした。年齢の所為か、いつもコタツに入って寝ていました。家族が足を入れようものなら、我が陣地に侵入してきたかの如く激怒し、思いっきり噛んできます。なので、コタツに入るときは厚手の靴下か、スリッパが必要でした・・・。

 

2代目は、シェットランド・シープドックの「ロイ」。中型犬で、毛が長くフワフワしていました。

 ← こんな感じでした。(Wikipediaより)

生後数ヶ月で我が家にやってきて、見る見るうちに大きくなっていきました。とても元気な子で、私が学校から帰ると、足跡を聞いて玄関でお出迎え。ドアを開けた瞬間に飛びついてきます。(というか、ほとんど体当たり)

そんなロイは、ちょっとおバカなところもありました。

  • 呼ばれて振り向いたときに、テーブルの足に鼻をぶつける。(たぶん自分の鼻の長さが分かっていない・・・)
  • 散歩していて、川に落ちる。(余所見ばかりしている・・・)
  • 靴を見つけては、ボロボロにする。(お気に入り)       などなど。

こんなところも可愛く、性格も優しくて、最後まで家族に愛されていました。

 

3代目は、ミニチュア・ダックスの「べべ」。ゴールドのロングです。

 ← 本人。

私が大学に行き、一人暮らしを始めた後に来た子なので、会えるのは実家に帰った時だけでした。でも、とてもカワイイ子で、会えば一緒に遊んでいます。

今も伊豆の実家にいるのですが、今年の10月で満18歳。おじいちゃんです。最近は耳は遠くなり、目も見えてなさそう・・・。いつも寝てばかり。でも、帰った時には玄関でお出迎えしてくれます。

もっと長生きして、成人式をお祝いしてあげたいですね。

 

そして、もう一匹忘れてはならないのが、妻の実家にいるミニチュア・ダックスの「ぼっちゃん」。

 ← 本人。

このブログにも、時々出てきますね。カワイイ子なんです。実家に帰るときは、一緒に過ごすのですが、私が横になると、舐めてきます。ただし、舐め方が半端無い。手や足はもちろん、顔や頭まで・・・。最終的には、頭を足で蹴ってきます。(結構痛いんです・・・これ・・・)

ぼっちゃんも、ご高齢。長生き出来るよう、祈っています。

 

というように、イヌが大好きです。いつの日か、自分でも飼いたいなと思います。

あ、ネコも好きですよ。自宅の近くにいる野良ネコちゃんと、よく遊んでいます。でも、警戒心バリバリなので、ちょっと寂しい・・・。

皆さんは、イヌ派?ネコ派?

 

小泉デンタルクリニック ← Click Here

03-6450-8186 ← Call Please

下北沢駅南口より徒歩9分 ← アクセスはこちら