歯列矯正でステキな笑顔を!!

歯列矯正でステキな笑顔を!!

こんにちは!

先日、海外からの不正アクセスを受け、クリニックのHPが表示できなくなった、院長の小泉です。

現在は、復旧しています。参りました・・・。

 

皆さんは、ご自身の歯並びが気になったことはありませんか?

前歯の部分が重なっていたり、奥歯が一本だけ飛び出てしまっていたり。

状態にもよるのですが、歯並びをキレイにする方法のひとつに「歯列矯正」があります。これは、歯を動かして並びや噛み合わせを整えていく治療法です。

お子さんが歯にワイヤーの様な物を付けているところをご覧になったことがあるかと思います。

では、歯列矯正とはどんなものなのか?

今回は、歯科矯正についてお話いたします。

 

1.なぜ歯並びが悪くなってしまうのか?

前歯が重なってしまったり。奥歯が傾いてしまったり。歯並びは人それぞれです。もちろん、生まれつき歯並びが良い方もいらっしゃいます。

この原因は、「歯の大きさとアゴの大きさのバランス」です。

歯はアゴの部分に生えてきます。その生えてくる歯が大きく、アゴが小さい場合、歯は出てくるスペースが足りず重なってしまいます。

逆に、歯の大きさが小さく、アゴが大きい場合、スペースが余ってしまうため歯と歯の間に隙間が空いてしまいます。

このように、歯の大きさとアゴのバランスによって歯並びは大きく変わってしまいます。

その他に歯並びに影響する原因として・・・

  • 下の親知らずが横に生え、手前の歯を押してしまう。

  • 舌で前歯を押ししてしまう癖がある。

  • 小さい頃、指しゃぶりをする癖があった。

などがあります。

 

2.歯科矯正で、どのように歯を並べていくのか?

歯科矯正では、並びの悪い歯を動かして、歯並びを整えていきます。

その方によって方法は様々ですので、一概には言えないのですが、一般的には歯に矯正用の器具をつける方法が行われます。

 

歯の表面にブラケットと呼ばれる器具を付け、そのブラケットにワイヤーを通し、ゴムやバネなどの力を利用して、歯を動かしていきます。

いきなり強い力で歯を動かしてしまうと、歯が弱ってしまうため、適正な力で歯にダメージを与えることなく、徐々に動かしていきます。

元々歯を並べるスペースが少ない場合は、上下左右1本ずつ抜歯しスペースを作る場合もあります。

このようにして、歯をキレイに並べ噛み合わせも整ったところで、ブラケットをはずします。

矯正終了後は、歯が前の位置に戻らないよう、リテーナーと呼ばれる器具を装着し、歯の位置を保ちます。

 

3.歯科矯正は進化している。

最近は、歯科矯正の技術も進歩しています。

矯正に使用するブラケットは、昔金属で出来ており、審美的に良くありませんでした。いかにも矯正治療しているという感じで。

 

しかし現在では、矯正の器具も進歩しており、金属製だったブラケットがセラミック製となり目立たなくなりました。

また、歯の裏側にブラケットを付けていく方法などもあります。この方法であれば、矯正治療しているのが全く分かりません。

そして、歯に全く器具を付けず、マウスピースで矯正していくなんて方法もあります。

 

4.まとめ

約30年前、テレビに出ていたアイドルは八重歯の方が多く、そこがチャームポイントでもありました。

時代は変わり、現在では、キレイな歯並びのアイドルが多く見られます。

虫歯や歯周病の予防という意味でも、歯並びはキレイなほうがいいです。

歯列矯正は、子供の頃にしか出来ないと思われている方もいらっしゃるかもしれません。大人でも歯列矯正は出来ます。

歯並びで悩まれている方、歯列矯正にご興味のある方、是非ご相談下さい。

 

小泉デンタルクリニック ← Click Here

03-6450-8186 ← Call Please

下北沢駅南口より徒歩9分 ← アクセスはこちら