見える精密さ。

見える精密さ。

こんにちは!!

梅雨も近づき、湿気と髪の毛が気になる、院長の小泉です。

生まれつきの天然パーマです・・・。

 

歯科の治療は、非常に細かい部分が重要になります。

虫歯を取り除くとき。

詰め物や差し歯を装着する歯の形を整える時。

歯に白い詰め物を詰める時。

このような治療をする場合は、1mm以下の精度が必要になります。

なかなか肉眼では確認できないことも多いです。

そこで、精密な治療のときは、このような器具を使います。

拡大鏡です。

治療の際、拡大鏡を使用することで細部まで確認することが出来ます。

装着すると・・・

こんな感じ。

こんな感じ。

より精密な治療を。より細部まで。より確実に。

私、いつもメガネを掛けております。この拡大鏡は、メガネをしていても装着できるようになっています。

ただ、長く付けていると鼻の部分が若干痛くなってきます・・・。うーん・・・。

 

小泉デンタルクリニック ← Click Here

03-6450-8186 ← Call please

下北沢駅西南口より徒歩9分 ← アクセスはこちら