美しい入れ歯。

美しい入れ歯。

こんにちは!!

先日ついに髪を切った、院長の小泉です。

ほぼ坊主になりました・・・。

 

虫歯や歯周病で歯を抜いてしまった場合、治療法にはいくつかの選択肢があります。

1つは、ブリッジ。

1つは、インプラント。

そして、入れ歯という選択肢もあります。

入れ歯」と聞くと、あまりいいイメージは無いかと思います。

違和感が大きい、取り外しをしなければならない、などなど・・・。

その中で、「自身の歯に架けるバネが見えて気になる」という声をよく聞きます。

しかし、技術の進歩により、このバネを目立たなくする事が出来るのです!!

今回は、そんな目立たない入れ歯について、お話いたします。

 

1.入れ歯のバネって何だ??

歯を部分的に失ってしまい、そこに入れ歯を入れる場合、入れ歯を支えるために自身の歯にバネを架けることがあります。

このバネのことを、「クラスプ」といいます。

 ← クラスプ

クラスプは、様々な形がありますが、一般的には金属のワイヤーのようなものが歯を抱え込む形状を多く使用します。

歯のない部分の大きさによって変わりますが、大体1つの入れ歯に2~4個のクラスプを付けます。

クラスプは基本的に金属で出来ているため、歯の周りに金属のワイヤーが一本付いているような見た目になってしまいます。

奥歯にクラスプを架ける場合は、そこまで目立つことは無いのですが、前歯に掛けなくてはいけない場合、笑った時に目立ってしまいます・・・。

 

2.目立たないクラスプ

では、そういった場合目立たなくすることは出来ないのか??

出来ます。

通常、金属で作製するクラスプを、歯ぐきと同じ様な色の素材で作製します。

 ← 金属のクラスプ

 ← 歯ぐきと同じ色のクラスプ

そうすることで、歯へ金属のワイヤーを架ける事無く、目立たない入れ歯にすることが出来ます。

このような入れ歯をノンクラスプ・デンチャーといいます。

 ← 通常の入れ歯

 ← ノンクラスプ・デンチャー

このクラスプ、非常の弾力性のある素材で出来ているため、入れ歯を脱着する時も簡単で、割れにくい構造になっています。

さらにノンクラスプ・デンチャーは、独自の弾力性が咬む力を緩和して、より噛みやすい入れ歯でもあります。

審美性と機能性を兼ね備えた、素晴らしい入れ歯です。

 

3.まとめ

近年、歯を失ってしまった場合の選択肢として、第一にインプラントを選ぶことが多くなりました。

私もインプラントは素晴らしい治療法だと思います。周りの歯に負担を掛ける事無く、しっかり咬めるようになります。

しかし、骨の状態や全身的な病気など、様々な理由でインプラントが出来ない方もいらっしゃいます。

失った歯の本数が多いと、ブリッジは難しく、入れ歯という選択になってしまいます。

現在の入れ歯は昔と違って、作製する材料の品質も上がり、作製する技術も向上しています。

第2の歯として、しっかり咬む事が出来ます!!

もし入れ歯にお困りの方がいらっしゃいましたら、いつでもご相談下さい。

お待ちしております。

 

もうそろそろ暖かいかな?と思って、髪を切りました。

まだまだ寒いことに気が付きました。頭が寒い・・・。

 

小泉デンタルクリニック ← Click Here

03-6450-8186 ← Call Please

24時間ネット予約できます ← ご予約はこちらから