歯を抜いても、また歯ができる!?

歯を抜いても、また歯ができる!?

こんにちは!!

やっと暑さが落ち着いてホッとしている、院長の小泉です。

 

虫歯や歯周病で歯を失ってしまった場合、治療の選択肢として、

・ブリッジ

・入れ歯

・インプラント

があります。

どの治療法においても、メリット・デメリットがあり、その中で選択して頂き、治療へ進んでいきます。

実はもう1つ、選択肢があります。

その名も「歯牙移植」

移植?身体の手術にあるような?

今回は、そんな歯牙移植について、お話いたします。

 

1.歯牙移植とは??

何らかの原因で歯を失ってしまった場合、そこには歯が無くなってしまいます。

その部分に他から歯を持ってきて、移植してしまおう。

これが「歯牙移植」になります。

ブリッジのように他の歯を削る事無く、入れ歯のように違和感が無く、インプラントのように大きな手術になるわけではなく、非常に優れた治療法です。

では、どこから歯を持ってくるのか?

基本的には、ご自身の歯を使います。多いのは、親知らず。

奥に生えている親知らずを、抜いてしまった部分に移植することが多いです。

 

2.歯牙移植の条件

歯を移植する時、様々な条件が伴います。これが揃っていないと、移植は難しくなります。

① 骨がしっかりある

歯を抜いた側(移植される側)に、歯を支える骨がしっかり無いと移植を行うことが出来ません。

どういうことか?

移植する歯は、周囲に骨がしっかりあることで定着します。しかし、骨が無いと移植する歯が安定せず、失敗に終わってしまいます。

抜いてしまう歯の原因が歯周病の場合、周囲の骨が少なく、移植が出来ないこともあります。

移植を行う場合は、事前にCTを撮影し、周囲の骨を確認することが重要です。

② 親知らずがしっかりある

通常、移植する歯は親知らずになることが多いです。

この親知らずがキレイに真っ直ぐ生えているのであれば、問題ありません。

しかし、親知らずが横を向いていたり、完全に骨の中に埋まってしまっている場合、難しくなってしまうことがあります。

もし、親知らずが横を向いてしまっている場合、場合によっては切断して抜かなくてはなりません。そうすると、親知らず自体が小さくなってしまい、移植に適さなくなってしまいます。

移植する側だけでなく、親知らずも事前に検査をし、移植できるか判断しなければなりません。

③ タバコを吸わない・歯ぎしりをしない

 

移植において最も重要なのは、移植した歯が定着して、咬む力に耐えうる安定力を持つことです。

移植後、一定期間安静にすることで、移植した歯は定着します。

この時、タバコからニコチンが入ってしまうと、歯ぐきの血流が弱くなり、移植した歯の定着を悪化させてしまいます。

また、歯ぎしりが激しい方は咬む力が強く、移植した歯に負担を与えてしまい定着が難しくなってしまいます。

したがって、タバコを吸われる方・歯ぎしりをされる方は、移植する際、対策が必要となります。

 

3.歯牙移植のメリット・デメリット

歯を失ってしまった際の治療法として、歯牙移植は有効な手段の1つだと言えます。

しかし、どのような治療でもそうですが、必ず利点・欠点があります。

歯牙移植にも、利点・欠点があります。

① 利点

・周囲の歯を削る事無く、歯を作ることが出来る。

・違和感が無い

・定着すれば、しっかり咬む事が出来る。

歯牙移植は、周囲の歯を触る事無く歯を再び作ることが出来ます。ブリッジやインプラントのような人工物を使うことがありません。

定着してしまえば、元々のご自身の歯のように違和感が無く、食べることが出来ます。

② 欠点

・移植における条件がある。

・移植後、しっかり定着するか経過を見る必要がある。

・簡単な手術になる。

歯牙移植は、するに当たっての条件が多くあります。全ての条件をクリアすることが出来れば、とても良い治療法かと思います。

しかし、条件が1つでもクリアできない場合、難しい治療となってしまいます。

ここのところが、歯牙移植の最大の難点となります。

 

4.まとめ

歯牙移植は、リスクも多いですが条件が揃えば最良に治療となります。

歯を失ってしまっても、再びご自身の歯で食事をすることが出来ると思います。

歯を抜いてしまったときに、

「インプラントは高いな・・・。」

「ブリッジでも歯は削りたくないな・・・。」

「入れ歯は嫌だな・・・。」

と思われたら、是非1度後相談下さい。

もしかしたら、歯牙移植、出来るかもしれません。

いつでも、お待ちしております。

 

小泉デンタルクリニック ← Click Here

03-6450-8186 ← Call Please

24時間ネット予約できます ← ご予約はこちら