気になりますよね。

 

気になりますよね。

『なんか歯が茶色くなってきたな~』

ということが気になり、クリーニングされる患者さんがよくいらっしゃいます。

とくに前歯は鏡を見ると気になってしまいますよね。

この着色自体に害はありませんが、そのまま放置しておくと、

汚れが上に重なり、より着色しやすくなってきてしまいます。

また、着色がついていると、表面がざらざらになるので、

その上にプラークがつきやすくなります。

むし歯ではないのに、歯が茶色いと、しっかり歯磨きをしていても、

もったいないですよね。前歯だと、見た目も気になると思います。

そこで今回は、着色についてお話していきます。

①原因

歯についている着色は、

食物中に含まれるポリフェノール類と、歯の表面のエナメル質をおおっている、

ペリクル歯の表面をおおっている薄い膜)というタンパク質が結びついたものです。

・色の濃い食べ物、飲み物(主に、ポリフェノール類)

コーヒー、紅茶、ウーロン茶、緑茶、赤ワインなどの飲み物

 カレー、チョコレート、ブルーベリーなどの食べ物

 醤油、ケチャップ、ソースなどの調味料

 

どうして色の濃い食品は、

おいしいものが多いのでしょうか、、

わたしも好きなものばかりなので、

食べない!ということは出来ません。

 

そして、粘着力が高いのが、

タバコの「ヤニ」 

残念ながら1回ついてしまった着色は、

歯磨き粉を使っても落とすことはできないのです。

つかないように予防することが一番大切です!!

②予防

・食生活

好きな食べ物であればやめられないですが、、

できるだけ色の濃い食べ物を控えてください。

・食べたらすぐ歯磨きをする

色の濃い物を食べたらできるだけすぐ歯を磨くようにしましょう。

・口をゆすぐ

歯磨きがすぐにできない場合は、口を軽くゆすいでください。

・ガムを噛む

お水がない場合は、ガムを噛んで唾液をだすことでも予防できます。

・歯磨き粉

研磨剤入りの歯磨き粉が効果的ですが、

大量に入ったものだと、歯の表面を傷付けてしまうので、

使用頻度は週1回程度に抑えることをおすすめします。

☆歯磨き粉で研磨剤として使われる成分は主に...

・リン酸水素カルシウム ・水酸化アルミニウム ・無水ケイ酸 ・炭酸カルシウム 他

③まとめ

ついてしまった着色は、

歯科医院での定期的なクリーニングでとりのぞくことができます。

 

 

機械的にクリームでとりのぞきます

 

しかし、着色しないように普段の生活で予防することができるので、

意識するところから始めてみてください!

歯が白いだけでも、清潔感があり、顔も明るくみえます。

きれいで清潔な歯を保ち、おもいっきり笑いたいですよね(ˆ∇ˆ)◊◊

 

小泉デンタルクリニック ← 当クリニックのHPです。

03-6450-8186 ← ご予約はこちらから。

24時間ネット予約できます ← ネット予約はこちら。